好かれる勇気を持つため脱毛を決心した俺

毎日届いたものを食べて生活してるから基本食事にあまりお金をかけなくなりました。

使うのは家賃と光熱費と趣味くらいで他はとくに大きな出費はあまりない。

保険は別ね。

ほとんどお金を使わなくなったもんだから通帳にはお金が貯まっていくばかり。

使い切れるんだろうか、俺。

なにかに使わないともったいない気がしててもたいしていいことも思いつかないので、手始めに美容院で髪型を変えてみた。

しっくりくるし気分も変わるもんだ。前より晴やかな気持ちになる。

洋服は思い立ったら細かく買い物してばっかりだったからあまりない。

会社員なんて平日はスーツだし洋服には気を使わないくなるからそんなもんだと思う。

なので洋服の購入は諦めた。それが賢明だと判断した。

他にできることといえば昔からゴリラってあだ名がつくくらい毛深い腕の毛と足のすね毛をなくすことくらい。

男なんて基本毛が濃いんだからと思って考えないでいたけど、女性社員からは嫌われてるって話を噂で聞いてしまった。

毛深いのは昔からだから仕方がないと思ってたけど、嫌われるのもあまりいい気がしない。

嫌われる勇気とかよくドラマで言ってるけど、それとこれは嫌われる度合いが違いすぎる。

あっちは人間的なものだけどこっちはただ毛が気持ち悪いってだけで嫌われてるんだから「好かれる勇気」が必要だろうよ。

広島の脱毛サロンから男性用のお店を探してまずは話を聞いてもらうことにした。

親切に説明してくれたし不安もあまり感じなかったからそのまま脱毛を受けることにした。

男性の毛は濃いから時間は多少かかりそうだな。

まぁ、「好かれる勇気」の為に通うかな。