翻訳を在宅ワークとしてみようかな!アカデミアジャパンを参考にしてみた。

こんにちは。最近どうも出費がかさむのもあって、自宅で何か小遣い程度でよいから稼げないかなーと思い、最近?話題のクラウドソーシングサービスに登録しました。

ランサーズとクラウドワークスにとりあえず登録したのですが、自分の得意分野というと…ライティングとか翻訳なんです。

しかし、ライティングの報酬の低いこと低いこと!驚きましたよ。。。時給換算したらとんでもないことになりそーだなぁと。そこで、学生時代に英語はしっかり勉強していて、社会人になってからTOEICと英検をとっていたんですね。あまり海外旅行に行くわけでもないし、仕事で使うことも無かったのですが、ここにきて役に立ちそうな感じです。

ライティングに比べて報酬も良いですし。ただ実績があまりないので、簡単な翻訳依頼から初めて実績を貯めようと思ってます。

しかし・・・一般的な翻訳の会社ってどういう流れで行っているのか確認しようと思ったんです。もちろん個人で受注するのとは流れが異なるとは思ったのですが、一般的に1文字当たりいくらなのか納品はどのくらいなのか、どういうジャンルが需要があるのか等々…。とにかく一旦調べようと思ったわけです。

なるほど、需要のありそうなジャンルは【医学・薬学】、【法律】、【科学系】等、専門分野が需要あるみたいですね~これは難しそうだ。。。

とりあえず、翻訳会社で検索したらでてきたのでアカデミアジャパンを参考にしてみました。

なるほど、ネイティブチェックに英文校正に・・・プロは違うな(当たり前か)。納期も早いみたい。更にテープ起こし等もやってるんだ・・・この会社。
代表が出版した「「毎日1分!英字新聞」」って聞いたことある。。。

とりあえず、素人に毛が生えただけの私でもできそうな案件がないか探してみます。まずは実績を貯めてアピールできるポイントを作らなきゃ。